滋賀県の住宅販売・分譲地販売・建築・中古住宅・リフォーム・賃貸

滋賀県草津市・栗東市の注文住宅、不動産、分譲地、新築一戸建て【デザイン住宅のImacoco(イマココ)栗東ハウジング】

   営業時間/9:00~20:00 定休日/水曜、第1・3木曜

  • お問い合わせ・資料請求
  • ご相談
  • 電話番号

木を使った家づくり

構造

木を使った家づくり

木造軸組工法とは日本の風土に最も適した工法で、鉄筋コンクリートの基礎の上に土台を置き、柱を立て、梁をかけて家の骨組みを作ります。木造軸組工法の特徴は、壁の位置や窓の大きさなどが自由に設計できたり、家族のライフスタイルに合わせて増改築やリフォームしやすいことです。Imacocoでは、木の温かみに包まれて健やかに暮らすことができる木造住宅をお届けています。

木の特徴

空気の温度変化を和らげる断熱性、湿度をコントロールする調湿効果、光や音を適度に吸収する反射抑制効果など、木には様々な特長があります。木を切ると環境に悪いのでは、と思われがちですが、木は二酸化炭素を吸って酸素を放出し、炭素を糖分にして成長していきます。成長の止まった木をそのままにしておくとあまり炭素を蓄えず吸った二酸化炭素をそのまま放出するようになります。そこで、成長の止まった木を住宅に使用し、その分新しい若木に植え替えることで大気中の炭素ガスの量を減らして、酸素量を増やすというエコロジーな循環ができるのです。

ヒバの強さ

日本の気候に適した建築材として知られる”ヒバ”。ヒノキ科の針葉樹であり、「ヒバ普請の家には蚊が3年は寄り付かない」といわれるほど防虫効果の高い木です。とりわけシロアリに対する強さは他の樹種には見られないほど。また、湿気に強く、ヒノキ以上に腐りにくいという特性も持っています。基礎の上の土台に「ヒバ」を採用してより住まいの防虫効果を高めています。

木の強さ

鉄やコンクリートと比べると、木材はどこか弱いイメージがあります。しかし同じ重さで木材と他の材料を比べると圧縮強度(押したときのづぶれにくさ)はコンクリートの約10倍、引っ張り強度(引っ張ったときのちぎれにくさ)は鉄の約4倍、コンクリートの200倍という結果が報告されています。

火に強い

木材は鉄やアルミニウムに比べても火に強いという特性もあります。燃え上がっても表面は焦げて炭化層を形成し、これにより酸素の供給が絶たれ、内部にまで火が進行しにくく、燃えにくくなるのです。1000℃以上になっても必要強度は保たれます。一方、鉄は800℃(火災レベル)以上で急激に強度低下し、変形してしまいます。

建築デザイナーがお届けする注文住宅

滋賀県草津市、栗東市、守山市、野洲市、大津市などの湖南地域を中心とした土地、分譲地、新築一戸建てなら建築デザイナーと建てるImacoco(イマココ)にお任せください。創業以来、住まいの夢の橋渡し役として、自社分譲地ファーストステージの宅地分譲をはじめ仲介事業をメインにお客様に満足していただける住宅をご提供してきました。現在では、お客様により満足していただける住まいをご提供するために、時代のニーズにマッチした建築デザイナーと建てる注文住宅のオリジナルブランド「imacoco(イマココ)」を設立し、街づくりから暮らしづくりまで、トータルに住まいをコーディネートし、笑顔あふれる住空間をバックアップしてます。株式会社栗東ハウジングがプロデュースするImacoco(イマココ)では、家を建てるということは、「住む人の幸せを形にすること」だと考えています。家造りの主人公は建物ではなく家族です。お客様の、笑顔咲くような個性豊かな空間作りを目指しています。シンプルでスタイリッシュなデザイン、和モダンスタイル、女性目線のかわいいナチュラルなデザイン、自然素材を使用したエコ住宅、アジアンテイストの家など、ローコスト住宅からこだわりを追求した高級住宅まで多彩な注文住宅をご提案できることも特長です。そして、国が進める2020年の省エネ基準の義務化や2030年のZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)が新築住宅の平均になることを目指すなど、これからの住まいに求められる基準を見据え、高気密・高断熱を採用するなど、住宅性能への配慮を徹底し、エコライフな注文住宅をご提供しています。さらに、保証システムやアフターサービスの充実、土地探しや資金計画の段階からお客様に寄り添う姿勢や家族のライフスタイルを尊重した注文住宅であることが多くのお客様から選ばれる理由です。まずは家づくり相談会、Imacocoのコンセプトモデルハウスや完成見学会などのさまざまなイベントにお気軽にお越しください。