滋賀県の住宅販売・分譲地販売・建築・中古住宅・リフォーム・賃貸

営業時間/9:00~20:00 定休日/水曜、第1・3木曜

構造

構造

  • 木を使った家づくり
  • 基礎
  • 耐震
  • 断熱
  • 防犯対策
  • 健康と安全
  • メンテナンス

木を使った家づくり

木造軸組工法とは日本の風土に最も適した工法で、鉄筋コンクリートの基礎の上に土台を置き、柱を立て、梁をかけて家の骨組みを作ります。木造軸組工法の特徴は、壁の位置や窓の大きさなどが自由に設計できたり、家族のライフスタイルに合わせて増改築やリフォームしやすいことです。Imacocoでは、木の温かみに包まれて健やかに暮らすことができる木造住宅をお届けています。

木の特徴

空気の温度変化を和らげる断熱性、湿度をコントロールする調湿効果、光や音を適度に吸収する反射抑制効果など、木には様々な特長があります。木を切ると環境に悪いのでは、と思われがちですが、木は二酸化炭素を吸って酸素を放出し、炭素を糖分にして成長していきます。成長の止まった木をそのままにしておくとあまり炭素を蓄えず吸った二酸化炭素をそのまま放出するようになります。そこで、成長の止まった木を住宅に使用し、その分新しい若木に植え替えることで大気中の炭素ガスの量を減らして、酸素量を増やすというエコロジーな循環ができるのです。

ヒバの強さ

日本の気候に適した建築材として知られる”ヒバ”。ヒノキ科の針葉樹であり、「ヒバ普請の家には蚊が3年は寄り付かない」といわれるほど防虫効果の高い木です。とりわけシロアリに対する強さは他の樹種には見られないほど。また、湿気に強く、ヒノキ以上に腐りにくいという特性も持っています。基礎の上の土台に「ヒバ」を採用してより住まいの防虫効果を高めています。

木の強さ

鉄やコンクリートと比べると、木材はどこか弱いイメージがあります。しかし同じ重さで木材と他の材料を比べると圧縮強度(押したときのづぶれにくさ)はコンクリートの約10倍、引っ張り強度(引っ張ったときのちぎれにくさ)は鉄の約4倍、コンクリートの200倍という結果が報告されています。

火に強い

木材は鉄やアルミニウムに比べても火に強いという特性もあります。燃え上がっても表面は焦げて炭化層を形成し、これにより酸素の供給が絶たれ、内部にまで火が進行しにくく、燃えにくくなるのです。1000℃以上になっても必要強度は保たれます。一方、鉄は800℃(火災レベル)以上で急激に強度低下し、変形してしまいます。

地盤調査(ジャパンホームシールド)
  • 調査
  • 解析
  • 対策提案
  • 品質保証

スウェーデン式サウンディング試験などにより、一邸一邸お客様の間取りに合わせて調査を行います。住宅の建設予定地に合わせて5ヶ所以上の地盤データを採取。敷地内における地盤の締まり具合の偏りや深さごとの土の性質を知ることができます。調査で収集したデータを解析した上で、地盤の周辺状況や柱状図から建築予定地の不同沈下しない地盤の対応策を検討します。改良が必要であれば、表層改良や柱状改良などを、必要なければそのまま基礎工事に進みます。

20年間地盤保証(ジャパンホームシールド)

万一地盤の不同沈下に起因する建物の損害が発生した場合、その損害費用をお引渡しより20年間ジャパンホームシールドが保証いたします。保証内容は、建物の補修費用、並びに補修工事に必要とされる仮住居に関する費用です。保証金額はひとつの事故に付き最高5,000万円、免責金額のない金額保証です。より安心、快適な生活を地盤からもサポートします。

基礎

建物を支える大切な基礎工事。地盤を平らにしたらベタ基礎の骨組みになる配筋を組み、コンクリートを流しこみます。面で支えるベタ基礎だから、地震に強く安心してお住まいいただける環境を足元から支えます。

鉄筋コンクリート

しっかりと建物が支えられる土台づくりのために、基礎には鉄筋を配置し、コンクリートと一体化する鉄筋コンクリート造を取り入れています。コンクリートは圧縮には強いけれど、引っ張られる力には弱くヒビが入りやすい性質があります。一方鉄筋は圧縮の力には耐えられないけれど、引っ張られる力には強いという性質があります。鉄筋コンクリートは、鉄筋とコンクリートがお互い弱いところを補い合った理想的な構造です。当社ではベース厚は150mm以上、立ち上がり幅150mm以上、配筋は13mmの鉄筋を200mmピッチで施工し、長期優良住宅の基準を上回る「耐震最高等級」を実現ています。

基礎パッキン

いつまでも快適に暮らすためには、床下換気も重要なポイントです。当社では床下全周換気システムを採用しています。床下換気材「基礎パッキン」を基礎全周に切れめなく敷きこみ、隅々まで通風し、従来工法に比べ1.5~2倍の換気性能を実現し、土台の腐れを防ぎ、家の耐久性を高めます。

耐震

木材はコンクリートよりも強度が高く、しかも建物を軽く施工できるという点でも地震に対して有利です。なぜなら地震の力は重さ(住宅の自重や家具などの積載加重など)に比例して働くことから、軽い建物てはあまり大きな力がかからないためです。近年では柱と柱の間に斜めに入れる筋交いや補強金物の普及により、ますます耐震性は高まってきています。

耐震等級3

耐力壁をバランスよく配置し、「耐震等級3」の強さを追求しています。建築基準法レベルの1.5倍の建物の強さを確保し、数百年に一度程度発生する地震力の1.5倍の力に対して倒壊・崩壊しない強さをもつ建物を実現することにより永続的に安心・安全にお住まいいただけます。

剛床構造

梁の上の厚さ28mmの構造用合板を専用の接着剤と釘でしっかり留める「剛床構造」を採用しています。地震や強風による横からの揺れを面で受け止め、水平加重を分散させる強固な構造を実現しています。従来工法に比べて2.25倍の水平剛性があり、自然災害時の建物ねじれや歪みを抑えてくれます。.5倍の建物の強さを確保し、数百年に一度程度発生する地震力の1.5倍の力に対して倒壊・崩壊しない強さをもつ建物を実現することにより永続的に安心・安全にお住まいいただけます。

エンジニアリングウッド

ドイツで誕生して以来、100年以上の歴史を持つエンジニアリングウッド。
接着技術が 格段に進歩した現在では、100年以上の耐久性を持つといわれています。エンジニアリングウッドに用いる木材は十分に乾燥させて反りや収縮をなくすため、木表・木裏を交互に組み合わせ、耐久性を高めて安定した品質と強度(ムク材の1.5倍)を実現しています。

プレカット工法

木材をコンピューター制御の工作機械でミリ単位の精度で加工する「プレカット工法」により、より精密な施工を可能にしました。人の手の作業に比べてほとんど誤差が生じないので、ロフトや吹き抜け、3階立てといった複雑多岐に渡るお客様のご要望にも十分お応えできます。

断熱

Imacocoでは、家全体を断熱材できめ細かく、隙間なく包み込み、さらに断熱性能の高いサッシ・ガラスを採用し、気密性・断熱性を高め、冷暖房時に発生するCO₂削減を実現し、これからの地球環境に配慮した住まいづくりを進めていきます。

平成25年省エネルギー基準

平成25年に改正された省エネルギー基準への適合が、すべての新築において、2020年(平成32年)までに段階的に義務化されます。

平成25年省エネルギー基準とは、日本の住宅の省エネルギー性を高めるために、断熱や気密、冷暖房に関する基準を定めたものです(※1)。各都道府県が8つのエリアに区分され(※2)、その中で滋賀県は5地域に指定されています。ImacocoでもIva地域対応の高い断熱性能を持った住宅をお届けしています。断熱性能だけでなく、冷暖房や給湯などの設備機器も含めた建物全体のエネルギー消費量を増やすことなく住宅の居住性・快適性も向上させるという、環境への配慮と快適な暮らしを両立させるエコな暮らしを実現します。

※1「住宅に係る建築主等および特定建築物の所有者の判断基準」と「設計、施行及び維持保全の指針」の2つからなります。
※2地域区分は都道府県で分けられていますが、運用は市町村単位で行われています。
吹き付け断熱工法

家の隅々まですっぽり断熱材で覆う吹き付け断熱工法は、液体を化学反応させて断熱材を形成し、ホースで施工面に吹き付けます。きめ細やかな泡がわずかな隙間にも入り込み気密性が向上し、住宅各部からの空気の漏れや隙間風を防止することができます。この断熱材は内部の99%が空気でできておりその空気で断熱するため、断熱性能が劣化することなく構造体の温度変化や劣化による伸縮にも柔軟に対応できます。また、高度な気密化により室内間の温度差が少なく、冬場のヒートショックを予防でき、家族みんなが安心して暮らすことができます。

ペアガラス(Low-E)

アルミと樹脂のハイブリッドサッシ
アルミと樹脂のハイブリット構造で、圧倒的な断熱性能を実現。
一般複層ガラスの約2.0倍の断熱効果を発揮するLow-E複層ガラスを標準装備。片側のガラスに特殊金属膜(Low-E)をコーティングし、さらに、最適に設計された厚さの中空層が熱の出入りを抑えます。
室外側に耐久性や強度に優れたアルミを採用し、雨、風、日差しによる劣化を防止。室内側には断熱性に優れた樹脂を採用し、熱の出入りを抑えます。
さらに引違い窓は、アルミ形材を室内側と室外側に分離させ、熱を伝えにくい樹脂部材でつなぐことで熱の伝わりを遮断するサーマルブレイク構造を下枠に採用しています。

湿気対策

住宅の耐久性を引き出すためには「湿気対策」が何より重要となってきます。とはいえ最近の住宅は気密性が高く、蒸れやすい環境にあるのも事実。そのためには乾燥した新鮮な空気を取り込んで、湿った空気を屋外に排出させることが不可欠です。いわば、家全体で呼吸させてやることが「木の家」のルールなのです。

床下換気システム

Imacocoでは、基礎を地盤面から40センチ以上の高さに設定し、床下に十分な通気スペースを確保しています。さらに基礎と土台の間に基礎パッキンを取り付ける方法で、通常の床下換気口の1.5~2倍の換気が可能になりました。空気がこもりがちな床下の四隅まで十分換気ができるので、土台などが腐るのを防ぎ、シロアリを寄せ付けにくい環境を作ります。

壁体内通気工法

住宅の耐久性を低下させる大きな原因に「壁体内結露」があります。これは、壁の中の湿気が室内外の温度差によって冷やされて水滴化する現象で、大量のカビの発生を招く原因になることも。このような状態を改善するために、湿気を通して雨を通さない透湿防水シートで構造体を覆い、胴縁で外壁と構造体との間に空気の道を確保し、室内から発生した湿気や熱気を外部に排出させ結露を防ぐ壁構造の「壁体内通気工法」を採用しています。

棟換気

壁体内に空気の通り道を作り、スムーズに湿気を放出するために、棟部分に換気口を設けて屋根のてっぺんから空気を逃がす「棟換気」を取り入れています。外壁下部の通気口から排気、さらに軒裏換気口から吸気して棟換気口から排気します。

防犯対策

年々増加傾向にある窃盗や空き巣。安全大国日本の面影も薄くなりつつあり、他人事ではなくなってきました。家族や住まいの安全は自ら守る時代です。Imacocoでは、住まい作りの初めの段階から防犯対策を考え施工しています。

ディンプルキー

ピッキングに対して優れた防犯効果を発揮します。専用キー以外(ドライバーなど)のものは押し込めない構造で、約1億通りもの複雑なキーパターンを持つシリンダーにより、ピッキング犯を寄せつけません。

セキュリティサムターン

室内のサムターンが取り外せるタイプです。外出時や就寝時にサムターンを外しておけば、もし泥棒がガラスを破って外から手を入れられてもサムターンが無いので、カギを開けられる心配がありません。

断熱玄関ドア

玄関ドアはデザインだけでなく、高い断熱性を誇る仕様でより快適にお住まいいただけます。

TVドアホン

玄関ドアをあけることなく室内から会話できるので、来訪者の確認が安全にできます。玄関子機は、角度調整・位置表示灯で使い勝手も配慮した仕様です。

健康と安全

24時間換気

室内の空気を常にきれいに、新鮮にする24時間換気。暮らしの中で生じるCO₂や臭気、家具などから発生するVOC、カビ、ダニ、ハウスダストなどを強制的に排出。より快適な毎日を送れるよう、配慮しました。

シックハウス対策

Imacocoでは、床・壁・天井の内装材には国土交通大臣認定JAS規格でホルムアルデヒド放散量の最も少ない最高基準である「☆☆☆☆」をクリアした、内装材を厳選しております。もちろん、設備機器についても同様に採用しております。されにキッチン、洗面化粧台など水回りの肌に触れる部分には抗菌処理を施しておりますので、家族みんなが体に優しい素材に囲まれ、健康的な毎日を送れるように施工しております。

メンテナンス

ヘッダー配管

住まいにとって水回りも毎日の生活の中で、とても重要なポイントです。Imacocoではメンテナンスが簡単にでき、地震にも強い「ヘッダー配管」を採用しております。ヘッダーボックスで給水・給湯の取出しが1箇所にまとまっており、接続箇所が少なく、配管途中で継手を使用いないので、従来の分岐配管に比べ漏水の発生が少なくなります。また、同時使用時における圧力変化が少なく、給水・給湯量が安定します。使用するフレキ管は高い防錆、防腐性を備えており、健康面でも安心です。また、弾力性にも優れており、地震時でも破損しにくい材質です。

床下点検口

Imacocoでは、床下点検口を設置しています。通常は床下収納としてご利用いただき、メンテナンスが必要になった際、迅速に対応頂ける様配慮した設計です。